THE★不動産マニア

最新不動産ニュース

8月米住宅建設業者指数、2007年2月以来の高水準=NAHBロイター)

全米住宅建設業者協会(NAHB)/ウエルズ・ファーゴが15日発表した8月の住宅建設業者指数は37と、前月の35から上昇し、2007年2月以来の高水準となった。

上昇は4カ月連続。アナリスト予想は35だった。

昨夏から20ポイント超上昇しているが、分岐点となる50は依然大きく下回っている。指数は2006年4月以来、50を下回る状況が続いている。

一戸建て住宅販売指数は前月の36から39に改善した。向こう半年の一戸建て住宅販売見通し指数も前月の43から44に小幅上昇した。

潜在的な住宅購入者の動きを示す指数は31。前月は28だった。

NAHB会長のバリー・ルーテンバーグ氏は声明で「改善の余地は依然大きいが、リセッション(景気後退)の最悪期からは大きく脱却し、見通しは明るくなっている」と指摘した。